痛風サプリメントランキング!

 

痛風の原因はプリン体にあった?

 

痛風になる原因は、過剰な尿酸です。血液中に溶けきれなくなるほど体内に尿酸が蓄積され、その尿酸が結晶化して、関節やその周囲に沈着し、それが関節炎につながり、痛風となるのです。

 

プリン体が痛風の原因物質だということは、多くの方が知っているでしょう。プリン体は体内で代謝される際、尿酸に変化します。プリン体が多く含まれている食品を食べ過ぎることは、体内の尿酸を増加させることにつながってしまいます。そのため、食事療法は痛風の治療にはおいて重要かつ不可欠なものです。

 

レバー類、エビ、カツオ、スルメイカ、白子、あん肝などが、プリン体を多く含む代表的な食品です。具体的な含有量は、100gあたり、鶏レバー312.2mg、大正エビ273.2mg、カツオ211.4mgとなります。

 

このように、痛風に悪い食べ物とは、プリン体を多く含む食品のことです。しかし「痛風に悪い食べ物は?」と聞かれた場合、最も多くの方が名前をあげるのはビールなのではないかと思います。

 

「痛風の大敵はなんといってもビールだ!」そんなふうな考えが一般的でしょう。当然、この認識は間違いではありません。あるデータによると、ビールの大瓶1本を毎日飲む人と、ビールを飲む習慣のない人を比べると、2倍の痛風のリスクの差があるされています。

 

では、具体的にビールのプリン体含有量はどのくらいのものなのでしょうか。これは、100mlあたり約5〜7mgとされています。ビールの種類で多少の変動はあるものの、おおよそのプリン体含有量はこれくらいです。

 

上述した鶏レバーや大正エビなどと比較した場合、かなり少ない含有量であることが分かります。そこまで多くプリン体を含んでいるわけでもないのに、ビールは痛風の大敵と呼ばれているのです。その理由はどこにあるのでしょうか。

 

まず最初の理由は、その摂取量です。プリン体含有量の多い食品であるレバーやエビですが、これを毎日継続的に100g食べるという方は、あまりいないのではないかと思います。一方で、毎日継続的に500ml以上ビールを飲むような方は少なくありません。

 

ビールは確かに、100mlあたりに含まれるプリン体の量は少ないものの、それを多量に、かつ毎日、日常的に摂取し続ければ、悪影響が出ないはずがありません。次にあげられる理由は、ビールは尿酸の排出機能を低下させることです。肝臓や腎臓には尿酸を体外に排出する働きを持っています。しかし、毎日かつ多量のビールを飲むことは、こういった内臓を疲弊させます。それにより、尿酸を排出させる機能も低下してしまいます。

 

以上のように、毎日多量にビールを飲むことは、2つの問題を同時に引き起こしてしまいます。体内で尿酸に変わる物質であるプリン体を過剰に摂取してしまい、体内に尿酸が蓄積され続ける状態になることと、尿酸の排出を抑制し、蓄積をさらに進行させることです。

 

ビールは間違いなく、痛風にとって良くない飲み物です。しかし、最も問題なのは、ビールそのものではありません。最大の問題は、ビールを飲みすぎることにあります。

 

プリン体を減らし、尿酸値を下げる!→痛風サプリ

 

痛風の発作が出たら車の運転は控える?

 

足の親指の付け根は、痛風発作が起こることが最も多い部位です。発作全体の70%以上が足の親指の付け根で発生しています。

 

足の親指の付け根に痛風発作が起こりやすいのは、どうしてなのでしょうか。理由は、単純な物理の問題に求めることができます。人が歩く時を思い浮かべてください。その際、まず地面に付く場所は踵です。それから、親指の付け根あたりで最終的には地面を蹴ります。こうすることで、前に進む力である推進力を得ることができます。

 

以上のことをふまえると、足の中で地面に接している時間が最も長く、かつ頻繁に曲げられることになる関節は、足の親指の付け根関節といえます。尿酸結晶の比重は水よりも重いです。そのため、物理の法則に従い、尿酸結晶は下の方に溜まっていきます。尿酸結晶が足の親指の付け根に蓄積しやすくなるのは、このような理由によります。

 

また、痛風発作は激痛です。その痛みは、多くの方が今まで経験した痛みをはるか超えるものだといいます。急性期の発作の場合、特に痛みは顕著です。あまりの痛みに、歩くことなどとてもできません。靴どころか、靴下を履くだけでも、冷や汗が出るくらいの苦痛が発生するのだそうです。

 

こうした状況においては、自動車の運転はあまりに危険です。上記のような痛みを考えると、その危険性を想像するのは難しくないでしょう。足の親指は、アクセルやブレーキを踏み込む際、特に力がこめられる部位です。さらに危険なことに、運転に必要な集中力も痛みのためそがれてしまいます。

 

また、痛風に対する治療として痛み止めが処方されますが、この痛み止めの副作用には、眠気を催すというものがある場合もあります。そのため、痛み止めを飲んでいるなら自動車の運転も問題ないと考えるのは、あまりに軽率です。

 

オートマ車の場合、ペダルを踏み込む際に使う足は右足だけです。そのことから、発作が出ていても右足以外の部位であるなら、オートマ車の運転は可能だと考えることもあるかもしれません。

 

しかし、前述の通り、痛風発作時の激痛は尋常なものではありません。その激痛は注意力散漫を招き、大事故を引き起こす可能性があります。また、渋滞などに巻き込まれた場合も危険です。痛みによるストレスが血流量をさらに低下させ、痛風発作を悪化させることなどが考えられるからです。

 

多くの方が「注意一秒、怪我一生」というスローガンをご存知でしょう。一瞬のミスが、重大な結果につながってしまうのが自動車の運転です。自動車の運転は、痛風発作を起こしている際には必ず避けてください。交通事故によって加害者となり、被害者の一生を奪ってしまっては、悔やんでも悔やみきれません。

 

痛風発作は一過性のものです。一生続いたりはしません。また、治療薬として尿酸を溶かす作用のあるものがあります。痛斧はこれを飲む事でコントロールしていくこともできます。

 

痛みが数日続く発作が起こることもあります。しかし、そのような発作も治まらないことはありません。発作を起きてしまったら、とにかく治まるのを待つことです。痛みが引くまで、無理をせず安静にしていましょう。