トップページ > 痛風の予防に良いお茶とは?

痛風の予防に良いお茶とは?

お茶を飲むことは、痛風の予防に効果があるといわれています。これは、お茶の持つ利尿作用をその理由としています。中でも特に緑茶が良いとされます。

 

これまで見てきたように、痛風発作は過剰な尿酸によって起こる炎症反応です。血液中に溶けきれないほど尿酸が増えると、尿酸は結晶化して沈着し、骨や関節にこびりつきます。これが炎症を起こし、激痛を引き起こします。

 

しかし、本来、尿酸は水溶性の物質です。そのため、血流量を増やせば尿酸の結晶化を阻むことができます。こうすることで、痛風発作をコントロールすることもできるようになります。

 

高尿酸血症を指摘されている方が医師から指導される痛風発作の予防対策に、「水分を多く取り、出来るだけ多く尿を出すように」というものがあります。

 

この際、緑茶で水分を摂取してみましょう。緑茶には、利尿作用を促進させる成分が含まれています。体外への尿酸の排泄を促す効果は、水よりも高いとされています。

 

また、利尿作用以外の効果も期待できます。茶葉には、生活習慣病全体の予防に役立つ有効成分が、数多く含まれています。食後の血糖値が上がる時間帯には、お茶を飲みましょう。運動中や運動後に行う水分補給の際にもおすすめです。緑茶や抹茶は、お茶の中でも利尿作用が特に高いといわれているものです。

 

ただ、カフェインを多く含んでいる点には注意が必要です。不眠症などによりカフェイン摂取を制限されている方もいらっしゃるかもしれません。そういった方におすすめなのは、カフェインゼロのお茶か、番茶やハーブティーのようなローカフェインのお茶です。

 

その他、ウーロン茶にも若干の注意が必要です。ウーロン茶は血糖値を上げる作用がを持っているとされることもあるからです。ウーロン茶も緑茶も、もともとは同じ種類の茶葉です。

 

ただ、ウーロン茶の製造方法は、生の茶葉を発酵させるというものです。発酵の過程ではブドウ糖が生じます。このブドウが血糖値の上昇に影響を与えるのではないか、といわれています。しかし、詳細な解明はいまだ行われていません。

 

調査結果によると、大量にウーロン茶を飲む方は血糖値が上昇しがちになるとされています。そのため、大量に摂取しない場合、一日にコップ2?3杯飲むような場合であれば、それほど神経質になる必要性はないと考えることもできます。

 

痛風にお茶は効果的ですが、糖尿病との合併を指摘されている場合は、飲むお茶の種類にいくらか気を配りましょう。とはいえ、上記のように痛風と糖尿病と併発し、かつウーロン茶を大量に飲むといった状況にある方はそう多くないでしょう。こういったケースでもない限り、特に飲むお茶の種類を限らなくても問題ないともいえますが、念のため、痛風発作予防のためのお茶の導入は、主治医に相談した上で行ってください。