トップページ > 尿酸値を下げるならヤーコン茶が良い?

尿酸値を下げるならヤーコン茶が良い?

お茶の種類の一つとして、ヤーコン茶といわれるものがあります。ヤーコンはキク科の仲間となっており、アンデス地方の過酷な環境に自生している植物となっています。

 

4月から5月くらいにヤーコンを栽培して、11月になると収穫をするのですが、このヤーコンの塊根といわれる部分はサツマイモに似た状態になっています。この塊根には、相当な量のラクトオリゴ糖が含まれており、健康にいいとされています。

 

ヤーコン茶というのは、塊根を使うのではなく、茎や葉を使っています。他の植物と比べ物にならないほどの量のラクトオリゴ糖がヤーコンに含まれています。

 

通常のオリゴ糖というのは、胃液によって消化されてしまいやすいのですが、ラクトオリゴ糖は消化されないという特性を持っています。ですので、栄養素として吸収することはできないのですが、大腸までそのままの状態で到達させることができます。そして、乳酸菌やビフィズス菌などといった善玉菌の餌として用いることができるのです。

 

ヤーコン茶は、インスリンに近い作用も持っていますから、血糖値の上昇を抑える作用も期待できますし、利尿作用もあります。この利尿作用で、体の中の尿酸を低下させたり老廃物を排出しやすくすることができます。ですので、尿酸値が高めになっている人も普段から飲みたいところです。

 

さらに中性脂肪を分解して脂肪酸にしてくれる作用もあるとされていますから、中性脂肪やコレステロールが多くなってしまっている人も、普段からヤーコン茶を飲むようにしたほうがいいでしょう。