トップページ > 背中ニキビのかゆみはどうすればいい?

背中ニキビのかゆみはどうすればいい?

顔にできるニキビは、滅多にかゆみを起こしません。かゆみが出るとしたら、別の肌トラブルの可能性があります。ところが、背中ニキビにはかゆみが出る場合が多いのです。かゆみが出て、かいてみたらブツブツがあって背中ニキビに気が付いたという人もいます。

 

背中ニキビは、あせもと間違える人もいます。放置してしまうと、どんどんニキビが増えてきて、炎症を起こしてしまうこともあります。かゆみのあるニキビはそれだけニキビ菌が活発化していることになり、他の部分にも飛び火しやすいのです。

 

ですから、背中ニキビはポツンと赤くひとつだけ出来ているということは少なく、湿疹のように目立つ状態になってしまいがちです。だからといって、掻いてしまうと余計に炎症が広がってしまいます。傷に雑菌が入り込むことで、炎症の箇所が増えてしまうのです。

 

炎症が悪化すると、ニキビ跡になってしまいます。引っ掻いた指にニキビ菌が付着して他の部分を触ったら、またそこがニキビになってしまうでしょう。こうして、ニキビは悪循環に増えていくのです。

 

ですから、かゆみが出ても我慢して掻いてはいけません。かゆみを我慢して掻かないようにするだけでも、症状が改善するのは早まります。どうしてもかゆみを我慢できない場合は、皮膚科などに行ってかゆみ止めを処方してもらうようにするとよいでしょう。驚くほどかゆみが治まって、ニキビも改善してくるはずです。