トップページ > ストレスによってシミができてしまう場合

ストレスによってシミができてしまう場合

ストレスが溜まってしまうと心身ともに調子が悪くなってしまうものです。このストレスによって過敏性腸症候群やメニエール病、うつ病などといった病気を発症してしまうこともあります。ちなみにストレスがシミを引き起こしてしまうということもあるということも分かってきています。

 

ストレスが溜まってくると交感神経が働いてしまい、血管が収縮してしまいます。これによて血液の流れが悪くなってしまって、細胞の働きが弱くなってしまいます。すると、細胞の活動を活発にさせるためにアドレナリンを脳が分泌するように司令します。

 

ですが、このアドレナリンの効果を保つことはできません。ですので、男性ホルモンを代用しようとして、大量の男性ホルモンを分泌するようになってきます。ストレスが解消されるまで継続して男性ホルモンが分泌されるようになるのですが、これによって中葉と言われる脳の部位が正常に働くなくなり、メラニン色素を大量に作り出してしまうケースも有るのです。

 

ですので、継続してストレスを感じてしまっていると、過剰にメラニン色素が作られるようになり、このメラニン色素が表皮の細胞に色素沈着を起こしてしまってシミになることもあります。男性ホルモンが継続して分泌されてしまうと、メラニン色素が大量に作られやすくなるだけではなく、体毛が目立つようになってしまったり、皮脂の分泌量が増えやすくなります。

 

脂っぽくなってしまってニキビができやすくなる、体毛が以前よりも濃くなっているように感じるのであれば、シミ対策をしておくようにした方がいいかもしれません。ストレスによってシミができてしまわないようにしたいのであれば、ストレスはこまめに発散させるようにしていってください。

 

ですが、自分ではストレスが溜まっているようには思えないという人もいると思います。ストレスがたまらないように普段から発散するようにしている人は、それだけストレスも蓄積されにくくなっています。

 

自分ではストレスをためているかどうかがわからないのであれば、運動不足になっていたり、熟睡をすることができない、疲れが取れないなどといったことはないかを省みるようにしてみてください。これらのことに当てはまっているのであれば、ストレスが溜まってしまっている可能性があります。